ノンフィクション(取材など)

松崎がじっさいに取材/調査した記事です。よって創作ではありません。
おすすめは「理系女子応援企画」シリーズ。文理選択に悩む学生さん、ぜひどうぞ。

ノベルティとしてオリジナル金太郎飴をつくってみた

作成日:2018/07/14 最終更新日:2018/07/16 かいたひと:松崎有理

【もくじ】
1,その動機
2,「元祖・金太郎飴本店」にてオリジナル飴をオーダー
3,シールを作成
4,完成
5,じっさいにつくってみてわかったこと、いろいろ
6,反響
7,おすすめのケース(事例)
8,おまけ・金太郎飴をCTスキャンしてみた

続きを読む

『地下鉄道』(コルソン・ホワイトヘッド著/谷崎由依訳、早川書房)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第10回】

作成日:2018/06/24 最終更新日:2018/06/24 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

本書は逃亡と追跡の物語である。

続きを読む

『アイアマンガー三部作』(エドワード・ケアリー著/古屋美登里訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第九回】

作成日:2018/06/11 最終更新日:2018/06/11 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

【もくじ】
はじめに・挿絵も著者ケアリーが描いてます
どんな話か
物語のキーワードその1・ボーイミーツガール
物語のキーワードその2・光と影
物語のキーワードその3・英雄神話
本作のそのほかの特徴、魅力
登場人物とその誕生の品リスト(ネタバレ注意)

アイアマンガーごっこ

第二部『穢れの町』巻末の解説で深緑野分さんがお勧め(?)しているアイアマンガーごっこを松崎もやってみた。「松崎有理、チェコの蚤の市で売っていた前世紀の男性用帽子ピン」。でもほんとの誕生の品は蚤の市で売っていたりはしない。


続きを読む

『いつだってやめられる』レビュー:失業研究者逆襲コメディ映画シリーズ

作成日:2018/06/04 最終更新日:2018/07/14 かいたひと:松崎有理

この映画は三部作です:

#公開情報は東京地区のみ記しています。他地域でのスケジュールはリンク先をごらんください。
#じつは松崎、不覚にもこの映画の存在に気づいたのは第二作『10人の怒れる教授たち』公開時。そのあと第一作『7人の危ない教授たち』を鑑賞しました。第三作『名誉学位』は見そびれました。ほんとにくやしいです。もし再上映することがあったらぜったい見たいしこの記事にも加筆したいので、情報をメールないしTwitterでお寄せくださるととてもとても助かります。

【もくじ】
1,どんな映画か
2,メンバー紹介
3,ネタバレしないていどにあらすじ
4,みどころ(注意:若干のネタバレあり)
5,まとめ(みなさんへ、おすすめのことばなど)
6,ほかのひとによるレビュー

続きを読む

『蝶のいた庭』(ドット・ハチソン著/辻早苗訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第八回】

作成日:2018/05/24 最終更新日:2018/06/07 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

エンタメ作品のばあい、カバーに付された情報をどう扱うかはいつも悩ましい。まったく情報がなければ本を選びようがないし、かといって情報が多すぎては読書の楽しみをそこねてしまう。

続きを読む

『アルテミス』(アンディ・ウィアー著/小野田和子訳、早川書房)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第七回】

作成日:2018/04/24 最終更新日:2018/06/07 かいたひと:松崎有理

『アルテミス』レビュー

使用しているキャラクタは「読書ペンギン」。いつも本ばっか読んでます。批評は辛口です。


#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

あくまで私見の感想をいわせていただくと、惜しい。

続きを読む

『ジェーン・スティールの告白』(リンジー・フェイ著/川副智子訳、早川書房)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第六回】

作成日:2018/04/13 最終更新日:2018/06/07 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

これは「黒いジェーン」の物語である。

続きを読む

『誰がスティーヴィー・クライを造ったのか?』(マイクル・ビショップ著/小野田和子訳、国書刊行会)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第五回】

作成日:2018/04/09 最終更新日:2018/06/07 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。

本書袖の紹介文によれば、これはホラーであるらしい。しかも、主人公の女性はものかきであるらしい。

続きを読む

『隣接界』(クリストファー・プリースト著/古沢嘉通と幹遙子訳、早川書房)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第四回】

作成日:2018/03/26 最終更新日:2018/06/07 かいたひと:松崎有理

#フォロワー感謝企画のおこりについては『人生の真実』(グレアム・ジョイス著/市田泉訳、東京創元社)【翻訳小説書評:フォロワー感謝企画第一回】をごらんください。


本書を手にとったとたん、直感がささやいてきた。「この本は裏表紙の内容解説をみないで読んだほうがいい」。

続きを読む