理系女子応援企画・その2――東北大学サイエンス・エンジェルに質問してみた



*本稿は取材先の認可を経て執筆、掲載しています。


ごあんない:

東北大学サイエンス・エンジェル 公式ホームページ
東北大学 女性研究者育成支援推進室
東北大学 女性研究者育成支援推進室 メンバーの紹介




さて、前回の続き。

せっかくなので、現役サイエンス・エンジェル(以下SAと省略)のみなさんにも、
いくつか、質問をぶつけてみた。
項目はふたつ:

1、進路に悩む女子中高生に、おすすめの本をおしえてください。理由もおねがいします
2、進路に悩む女子中高生に、ロールモデルとして最適だと思う古今の女性研究者をあげてください。理由もおねがいします


取材時間の都合で、メールでの回答となってしまったけれど
よせられたお返事を、以下でご紹介したい。


まずは、N.A.さんより:
東北大学サイエンス・エンジェル ロゴ 「おすすめ本、というか雑誌ですが、『ニュートン』(Newton Press 出版)をあげます。
わたしが高校生のとき、読んでいましたから。
すこしむずかしい内容もあるのですが、
最新の科学を詳細なイラストつきで楽しめます。
教科書ではものたりず、
もっと最先端の研究について知りたい、という女子高生におすすめです」

――松崎も読んでいましたよ。ビジュアルがきれいで、想像力を刺激されますよね。

「女性研究者なら、菊谷詩子さんをご紹介したいです。
先日参加したサイエンスイラストレーション講座がきっかけで、知ったかたです。
東大理学部で修士号を取得後、だいすきな絵を学ぶためにアメリカに留学し、
現在は日本のサイエンスイラストレーターの第一人者として活躍されています。
女子高校生の中には、やりたいことが多くて
どれかひとつにきめられない、というかたもいらっしゃるかもしれませんが
菊谷さんのように絵と科学、両方の夢をかなえたひともいる、という点で参考になると思います」

――そうそう、よくばりになりましょう。なにも、ひとつに限ることって、ないんです。


続いて、E.N.さん:
東北大学サイエンス・エンジェル ロゴ 「本でしたら、『科学』(学研)です。
小学生むけで、本ではなく雑誌ですけど、
わたしが理科を好きになったきっかけはこれだったので、あげさせていただきました。
ただ、残念なことに現在は休刊中で、実験部分のみネットで復活しているようです。
わたしは実験以外の読み物もすきだったので、
以前と同じ形式で再刊してくれたらうれしいな、と思います」

――これまた、松崎も愛読者でございました。男女問わず、この雑誌によって理系魂を刷りこまれたひとは多いみたいです。休刊、ほんとうに残念。

「女性研究者のほうは、内田麻理香さん。
彼女自身をロールモデルにするというより、彼女の本や話をつうじて
理系の女性を知ってもらう、
科学のおもしろさを知ってもらう、といった感じかもしれません。
女子中高生のためのロールモデルというより、SA活動の参考として、になってしまうかもしれませんが
理系の女性を身近に感じさせてくれるという点では、よいかと思いました」

――カソウケンのかた、ですね。サイエンスコミュニケーターとしてご活躍ちゅうです。



……せっかくなので、蛇足かくごで松崎も同じ質問に答えてみた:

1、進路に悩む女子高生におすすめしたい本
アシモフの科学エッセイシリーズ (早川書房)
『空想自然科学入門』以下、15冊あります。
初版の発売日が1978年なので、いまとなってはすこし古い部分もあるけれど
雑学の鬼・アシモフ先生のお導きにより、科学についてのひじょうに広範な知識を身につけることができます。
ばくぜんと理系にいきたいけど、どの分野が自分にとっていちばん興味があるのか、しぼりこめていないひとに、とくにおすすめ。
ちなみに、松崎はこのシリーズで、数式の美しさと有用性にめざめました。


エミー・ネーター 2、女性研究者ロールモデル
エミー・ネーター (Amalie Emmy Noether)
20世紀前半に活躍した数学者。
当時は学問をする女性にはきびしい時代だったから、やっぱり苦労したけれど
彼女の才能に注目したダフィット・ヒルベルトらの引きもあって、
ゲッチンゲンなど各地の有名大学で教職を得ることができました。
ネーター環はじめ数学的業績もすごいけど、
指導力にも定評があって、多くの次世代数学者を育てあげた、というのがここで選んだ理由です。
(画像引用元 The MacTutor History of Mathematics





2014/11/13 追記

国立国際医療研究センター 尾又一実さんより「ネーターさんの写真まちがってますよ」(大意)とのご指摘をいただきました。正しいものにさしかえました。ありがとうございました、そして読者のみなさまごめんなさい。
なお尾又さんにも上の質問にご回答いただきました:
1、進路に悩む女子中高生におすすめしたい本
『まず歩きだそう―女性物理学者として生きる―』(米沢富美子著・岩波ジュニア新書)
尾又さんは著者のお弟子さんなのだそうです。
2、女性研究者ロールモデル
ソフィア・コワレフスカヤ




2010/10/03 執筆