ストーリーのある海外PV紹介・第1回 Tryo "Ce que l'on s'aime" 最凶老人老女のいたずら技を鑑賞



じつは松崎、長い動画がけっこう苦手だ
(ほかの苦手なものを知りたいかたは、こちらをどうぞ)。
90分の映画どころか、30分のアニメでさえ、とちゅうで寝てしまったり、あきてしまってほかの遊びをはじめてしまったりする。

しかし、そんな松崎でも
「3分半のエンタテインメント」とよばれる音楽PV(プロモーションビデオ)なら、さすがに寝ない。
しかも、「これって傑作! つくったひとは天才!」みたいなのがときおりみつかるから、けっこう楽しい。
せっかくなので、こいつは掘り出しものだぞ、と個人的に認定した動画をこのサイトで随時、紹介していくことにした。

だが、やみくもにすきなものを並べる、というわけにもいかないので
それなりの選定基準を:

・まず、楽曲がよい (と松崎が思う)
・そして、海外アーティストに限定。日本ではあまり話題になっていないものを紹介したいので

そしてなにより:

・PVがひとつのストーリーとして成り立っている

という点をもっとも重視した。いちおう、作家だし。かけだしだけど。

それでは、記念すべきひとつめのPV紹介を。まずはみてくださいな:


Tryo *)  "Ce que l'on s'aime"



じいちゃんばあちゃんの凶悪ないたずらっぷりがすばらしい。
どんどんエスカレートして、こんな調子じゃ死んじゃうよ、というところまでいっちゃうけれど
なんだかんだいってこのふたり、長生きしそうだ。けんかしながら。
かれらがいったいなにをしているのか、細かいところまでは
いちどだけではわからないので、三回ほどくりかえしてみるのがおすすめ。

ちなみに、おばあちゃんの入れ歯コップに混入したらしい瓶詰め液体の正体は、ひまし油 Huile de ricin。
最後の写真には、mes deux amours (ふたりの愛) と書かれている。ラストはちゃんとしんみりさせているところがうまい。



*) Tryo
フランスのアコースティック系レゲエグループ。1996年から活動。あまりフランス人らしからぬもっさりしたおっさん4人組。
しかしこのグループ名、子音がみっつも続くのだが、どう発音すればいいのだろう。知ってるかた、おしえてください。