第一回創元SF短編賞受賞のことば・みずからボツバージョン



( 「『ミステリーズ!』に載せますから、受賞のことばを200字以内でかいてください」 と、担当氏にたのまれて
はじめに浮かんだのが、このバージョン。
もちろん自分でボツにしましたが、
受賞直後の興奮がよくあらわれていて、ある意味おもしろいかもしれません。
捨ててしまうのももったいないので、ここに公開します)



五月十日午後十時。
こんな時間になっても連絡がない、ということはぜったいに落ちたな、と思いながら、わたしはなかばやけになって某長編囲碁漫画を読んでいました。
ヒカルくんはプロになったのにわたしはまだプロになれないんだなあ、とつぶやきつつ。
そんなとき、電話がなりました。
「東京創元社です。受賞、おめでとうございます」
「えええっ??」
ヒカルくん、わたしもプロになれたよ。
(181字)