カジノに行かないマカオ~ポルトガルのおもかげを求める旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作成日:2019/01/18 最終更新日:2019/02/27 かいたひと:松崎有理

カジノ・リスボア正面

マカオのシンボル「カジノ・リスボア」の正面。写真撮って、ロビーに入ってちらっとカジノみてすぐ出てきました。おおここが『深夜特急』の舞台なのね、と。


マカオ。拙作「5まで数える」の舞台のモデルとなった街です。じつは松崎、このお話をマカオに行かないまま書いてしまったので、いつか訪問したいと強く思っていたのでした。


そしてここは1999年までポルトガル領。つい3ヶ月前にポルトガルへ行ってきた、そしてポルトガルの魅力にすっかり参ってしまった松崎としては、マカオにいけばポルトガル旅行の代わりになるかもしれないと考えてしまったのですよ。なにせ:

  • ポルトガルへ 直行便なし、片道およそ18時間
  • マカオへ 直行便で片道およそ4時間

と圧倒的に近い。体にもお財布にも負担が少ないことでしょう。
というわけで、今回のマカオへの旅は:

  • マカオはどれだけポルトガルなのか
  • 5まで数える」落ち穂拾い
  • カジノは全力で無視

がおもなポイントです。では目次をどうぞ。

【もくじ】
1,街のようす(建物など)
2,料理
3,コーヒーとスイーツ
4,スーパーマーケット
5,ポルトガル語は通じるのか
6,結論
7,マカオ旅行お役立ち情報(ググっても出てこないことを中心に)

1,街のようす(建物など)

空港からのタクシー(*1)を降りてホテル前の舗道に立ったとたん、「あっリスボンそっくり」と思いました。だって敷石が。

カルサーダス(ポルトガルの石畳)

いろんな海モチーフがあるので見ていて楽しい。


カルサーダス(ポルトガルの石畳)

こちらはタツノオトシゴ。ほかお魚、イルカ、サメ、フラミンゴなどありましたっけ。


これはカルサーダス Calcada と呼ばれるものです。本国のようすはこちらからどうぞ。
しかし見上げれば。
グランド・リスボア

滞在したホテルはグランド・リスボアの斜め向かい。いやでも目に入ります。


空にはまるでラスボスのような圧倒的存在感でグランド・リスボアがそびえていました。本国ではありえない下品さ(*2)です。

*1 タクシー代は73MOPでした。日本に比べるとずいぶん安いし、マカオ国際空港にはいわゆる「空港シャトルバス」的なものがないのでおすすめです。
*2 でもしばらくたつと親しみがわいてくるのが不思議なところ。

 教科書や文具の入った帆布鞄を肩にかけ、石畳とガス灯とパステルカラーの家並みで彩られた南欧ふうの街路を走る。さきほど通り雨が降ったのか、敷石や建物の漆喰が水蒸気のにおいを放っている。レトロな洋館が囲む議事堂前広場を抜けると、聖ポール教会のバロック調のファサードがあらわれる。背が高く重い扉を押し開ければ、石造りの身廊につややかな木製ベンチが並び、蝋燭のゆらめく世界が出現する。外の残暑が嘘のようで、脛を出したハーフパンツでは涼しく感じるくらいだ。
(「5まで数える」)

ラザロ地区の町並み

ラザロ地区。マカオでも指折りのポルトガル情緒が色濃く残る地域。でも、いるのはアジア人ばっかりです。


ポルトガルふう建築はあちこちに残っていて、だいじに保存されています。しかしマカオぜんたいに占める割合はわずか。石畳の通りを一歩入れば、下の写真のようにカオスなアパート街です。
マカオのアパート

洗濯物や花の鉢があるあたりはかろうじてリスボンのアルファマ地区に似ているかも。


マカオの層自任

お掃除するひと。


とはいえ街はおおむねきれいでした。写真のような菅笠(?)をかぶったひとが箒とちりとりでせっせと掃除しています。観光客が投げ捨てたたばこ(*3)の吸い殻もあっというまに消失。ペットの犬はいましたが、ヨーロッパでよくみかける犬の糞(*4)もありませんでした。

*3 マカオでは屋内での喫煙が禁止されています。罰金は1500MOP。
*4 犬の糞があるかどうかは国によってちがっていて、フランスやスペインでは多く、ポルトガルやドイツにはほとんどないという印象。

 アキラの両親は寄ると触ると自分たちの祖国をほめるのだった。
「なにより、トイレがきれい。あれは奇跡だ」
(「5まで数える」)

そしてなによりだいじなトイレ情報

マカオのトイレ事情(紙は流せない)

トイレットペーパーは、中国本土と同様に流せないところが主流のようです。ついうっかり流してしまっても、一回くらいならだいじょうぶでした。


清潔さは、まちまち。ホテルや飲食店でも油断できません。壊滅的にきたないばあいがあります。観光地にはあちこちに公衆トイレがありますが、恐ろしくて入れませんでした。
たまにトイレットペーパーが切れていることもあります。
よってティッシュとウェットティッシュは必携アイテムです。
例外的にきれいだったところをご紹介。

2,料理

ポルトガル料理店とうたっているところも、現実にはマカオ料理であるばあいが多いと感じました。
マカオでは、ポルトガル料理は高級にランクされます。だいたい本国の倍くらいのお値段。
それと本国も量が多いのですが、マカオはそれにも増して多い。しかも本国のように meia dose(=半量)というオーダーができないので、小食のひとはつらいかもしれません。そんなときは日本人の美徳「モッタイナイ」はかなぐり捨てましょう。


松崎が試したうちで、ほんとうに本格的なポルトガル料理店は以下のふたつ。

  • Portugalia 葡多利正宗葡國菜
    ポルトガルの老舗ビールメーカー「サグレス」が経営しているだけあって、真正ポルトガルの味。唯一ポルトガル語が通じた店。でもなぜかサグレスの生はありません。Arroz de pato(ダックライス)はローリエが入った上品な味で、チョリソも鴨もふんだんに入っていました。おしなべて、マカオのダックライスはポルトガルより鴨肉が多いと感じます。タイパ地区。
  • Mariazinha
    入ったとたん、白人率が異様に高いので本格的とわかりました。となりのテーブルはポルトガル系現地人。前菜として出てきたコロッケやパンから、ハーフボトルのドウロの赤、メインとして頼んだフランセジーニャ、さいごのビッカ(=エスプレッソ)とデザートのパン・デ・ローまですべてポルトガルそのものの味。北部の街・ポルト色の強いメニュー構成でしたが、トリパスはやっていないそうです。聖ポール天主堂ちかくと交通至便。

ほかに、松崎は訪問しそびれたのですが下のレストランもポルトガル資本なのでだいじょうぶだと思います。

3,コーヒーとスイーツ

コーヒー

マカオのコーヒーはおいしいとあちこちに書かれていますが、過剰な期待をしてはなりません。どこでもたった1ユーロで極上のエスプレッソが飲めるポルトガルとは雲泥の差です。松崎が唯一満足できたのは上で紹介した Mariazinha だけでした。ひょっとしたら Portugalia もおいしいのかもしれませんが、メイン料理が多すぎてコーヒーまでたどりつけませんでした。
いっぽうお茶はもうほんとにおいしい。ホテルの無料サービスでついてくるティーバッグのお茶さえおいしいので毎朝かならず飲んでいました。松崎はお茶そんなに好きではないのに、ですよ。

マカオのお茶

宿泊したホテルのロゴ入りお茶。ジャスミンティーとプーアール茶がランダムで出てくるのがおもしろかった。なおコーヒーはインスタントで、コーヒー文化度のひくさを物語る。

エッグタルト=パステル・デ・ナタなのか

「つぎ、デザート」
 と少女がいうので、ふたりは南欧小路へ歩を進め、人気ベーカリーで卵タルトを買い求めた。店の前のベンチに座り、釜から出したばかりの焼きたてをほおばる。まだあたたかいねっとりしたカスタードとさくさくのパイ生地はおよそ考えるかぎり最良の組みあわせだ。
(「5まで数える」)

マカオの二大エッグタルトを食べてみました。

ロードストーズベーカリーのエッグタルト

Lord Stow’s Bakery 澳門安徳魯餅店のもの。すみませんMargaret’s cafe e Nata 瑪嘉烈蛋撻店の写真はとりそびれました。でも味の傾向もみかけもよく似ています。


結論。まるで別もの
マカオのエッグタルトは卵の割合が高く、あっさりした甘み。ポルトガルの甘く舌にからみつくようなカスタードクリームとはまったくちがいます。
ふしぎなのは Lord Stow’s Bakely 。日本では「アンドリューのエッグタルト」というブランド名で関西を中心にチェーン展開しており、東京でも催事等で手に入ります。この日本バージョンのエッグタルトは、かなりポルトガルのパステル・デ・ナタにちかいのですよ。まさかマカオと味を変えているとは思いませんでした。
ほかの店でもいくつか食べてみましたが、唯一パステル・デ・ナタといえそうだったのは以下の店。

Pastelaria Caravela 金船餅屋。でもエスプレッソはいまいちでした。

ボラ・デ・ベルリンは生き残っているのか

上の写真でエッグタルトのとなりに写っている、穴のないドーナツみたいなもの。松崎がこよなく愛するポルトガル菓子、ボラ・デ・ベルリンです。
ポルトガルではドーナツ生地をふたつに割ってクリームをはさむのがスタンダートですが、金船餅屋ではなかに詰めていました。ミスドの「カスタードクリーム」みたいな感じです。

マカオ唯一のボラ・デ・ベルリン

Pastelaria Caravela 金船餅屋にて、マカオで(たぶん)唯一のボラ・デ・ベルリンを食す。クリームの味がちがう。甘くないしあっさり風味。たぶん牛乳の味がちがうせいでしょう。


街角にパン屋があればくまなくのぞいてみましたが、ボラ・デ・ベルリンをつくっているところはほかに発見できませんでした。
結論。ボラ・デ・ベルリンはマカオではほぼ絶滅
がっかりしてしまったボラ・デ・ベルリン・ファンのかた(どれだけいるかわかりませんが)のために、日本国内で食べられるところをご紹介します。

  • Castella do Paulo 京都。カステラとポルトガル菓子の店。毎月25日限定でボラ・デ・ベルリンをつくってくれています。松崎はまだ買えていないので味はわかりません。
  • 赤丸ベーカリー 松崎の家の近くにある、いわゆる町のパン屋さん。ここの「クリームドーナツ」のビジュアルがボラ・デ・ベルリンに激似なので写真をお見せしましょう。ほおら、そっくり。
    赤丸ベーカリーのクリームドーナツ

    でも味は微妙にちがうんだよね。そりゃあ、赤丸さんはボラ・デ・ベルリンつくったつもりじゃないんだから当然。

4,スーパーマーケット

外国のスーパーマーケットへ行くのがだいすきです。現地のひとの食卓をみるようで楽しいから。フランスではチーズ、ドイツではソーセージ、イタリアではパスタ、ベルギーではチョコレートのコーナーが、まるで茨城県のスーパーの納豆売り場のように広かったっけ。
ところがマカオでは、陳列されている商品のうちかなりの割合が日本製品でした。おめあてのポルトガル産商品はとてもすくない。ビターな味わいのポルトガルチョコレートが手に入るかと思いきや完全な肩すかしです。しかし魚の缶詰だけはそれなりにありました。長期保存がきくからでしょうね。
ポルトガル産ワインやビールも、それなりにありました。とくにビールはマカオには酒税がないこともあってとても安く買えます。


ワインの価格は日本とさして変わりません。日本にも良心的価格設定のポルトガルワイン通販業者がいるので、マカオから重たい思いをしてわざわざ買ってくるより日本で通販したほうがいいと感じました。

5,ポルトガル語は通じるのか

うすうすお気づきでしょうが、ほぼ通じません。Bom Dia! とあいさつしても反応がうすい。たぶんわかっていないのでしょう。レストランでは、ポルトガル語でオーダーすると注文をまちがわれるおそがあります。英語のほうがはるかに無難です。

それでも公用語はポルトガル語と広東語。住所表記も二カ国語。


マカオのポルトガル語

ロバート・ホー・トン図書館でみかけたビラ。ポルトガル語をなんとか維持しようと努力はしているらしい。


グランド・リスボアのとなりにマカオ唯一のポルトガル語学校があって、古風なアズレージョがど派手ホテルと好対照をなしている。


マカオにおけるポルトガル語は、アイルランドにおけるゲール語みたいな立ち位置なんだろうなと感じました。
アイルランドの交通標識

アイルランドも、公用語は英語とゲール語。もっともこの国のばあい事情が逆で、支配者に押しつけられた言語である英語のほうが優先しており、地元のことばゲール語は絶滅寸前。よって悲壮度はマカオの比ではない。

6,結論

やっぱりマカオはポルトガルではありません。考えてみれば、あたりまえですね。
でもマカオにはマカオらしい、いいところがたくさんありました。以下で触れていますよ。

7,マカオ旅行お役立ち情報(ググっても出てこないことを中心に)

カジノに行かない旅の装備

ポルトガルに似て坂と石畳の多い街なので、歩きやすくしっかりした靴を。松崎はポルトガル旅行に使ったのとおなじショートブーツを履いていきました。厚底かつクッション性のよい靴で、これでなければマカオ歩きはそうとう苦労したことでしょう。

yosukeのショートブーツ

ポルトガルから帰ってきた直後のブーツ。あまりにひどいダメージなので専門家にケアしていただきました。マカオは湿度が高いせいか、これほどひどいことにはなりませんでした。


いっぽう、カジノにしか行かないひとたちはハイヒールとか履いてましたっけ。

電源プラグ事情

マカオのプラグはA/B/B3/C、と入り乱れていて「どれを持ってけばいいんだ」と困りました。ホテルに二度もメールで問い合わせたのに出発まで音沙汰なし。けっきょくぜんぶ用意しましたが、ホテルに着いたらこんなオチでした。

マカオの電源プラグ形状写真

なんとUSBで電源がとれる。松崎たちはiPhoneしか充電しないのでこれでじゅうぶんでした。

さいしょの夜の食事

成田便のばあい、マカオ国際空港への到着が夜の8時すぎ。なんだかんだで市内にたどりつくのが9時すぎになります。ふつうのレストランはそろそろラストオーダーとなってしまい、ゆっくり食事を味わえません。そんなときおすすめなのがここ。

アフリカンチキン

大教堂珈琲 Cathedral Cafe
25:30まで営業。セナド広場のそば。この界隈にしては価格も良心的です。松崎はここでマカオ名物アフリカンチキンを初体験しました。骨からかんたんに肉がはずれるほどやわらかくて絶品です。もしマカオ再訪したらぜったいまた食べたいレベル。


もっともカジノへ行くひとたちは、カジノホテル内に24時間営業のレストランがあるので困らないでしょう。

マカオ国際空港

制限エリアでのさいごのお買い物。ワインコーナーはフランス、イタリアが中心でポルトガルワインはとてもすくなく、あっても高価格帯のみです。それと、チョコレートの種類がみょうに多いのが印象的でした。日本にはない Neuhaus も買えますよ。
この空港は小さいので飲食店も売店もすくなめ。水を買うキヨスクもないので自販機です。食事は、フードコートがあってなんとアフリカンチキンとダックライスが食べられます。

おすすめのマカオみやげ(無料~お安いものを中心に)

  • スタンプ


    カジノに行かないマカオ旅行にはスタンプ帳を持っていくことを強くおすすめいたします。いっけんスタンプがなさそうでも、「スタンプありますか」ときいてみると奥から持ってきてくれたりします。ヨーロッパの観光地でこの手のスタンプをいちどもみたことがなかったので、これぞ東西文化の融合だと感じました。

  • アズレージョ柄のマスキングテープ
    マカオのマステ

    これまた東西文化の融合。O-moon という雑貨屋さんで購入しました。15~18MOPと、お手ごろ価格です。

  • 硬貨
    5MOPはめずらしい12角形です。さいしょのうちはありがたがっていましたが、市内にいっぱい流通していてそのうち慣れました。いっぽう8角形の2MOP硬貨にはいちどもめぐりあえず。お店のひとからお釣りをもらうとき「2ドル(*5)コインを混ぜてください」と頼んでみましたが「ないよ」といわれました。流通量がすくないのかもしれません。
    マカオのおもしろいコイン

    マカオの硬貨。縁がなみなみのものは香港の2ドル硬貨です。マカオではMOPと香港ドルがほぼ等価で使われています。


    *5 口頭では、「パタカ」ではなく「ドル」と呼びます。

マカオの市民たち

基本、いいひとばっかりです。態度がひかえめ、はにかんだような笑顔に好感が持てます。ローカルルール違反を注意してくるときですらひかえめで、「悪いのはこっちなのに」と恐縮してしまうほど。発展がめざましく変化のはやい街ですが、こういうところはどうか変わらないでほしいと思います。
若い人たちはすこし英語がわかります。ゆっくりはっきりしゃべってあげるのがコツ。年配のひとたちとはジェスチャーで。漢字文化圏なので筆談も可能ですからメモを携帯しましょう。滞在中、コミュニケーションにはさほど困りませんでした。たぶん、「この外国人とわかりあおう」という強い意思と辛抱強さ、やさしさがマカオ市民にあるからだと思います。

おすすめ情報源

  • 地球の歩き方 マカオ』鉄板です。鉄板の名に恥じず、ほんとうにくわしくてとても役に立ちました。上述のとおりマカオは変化のはげしい土地なので、できるだけ新しい版を購入するのがよいでしょう。
  • 論區行賞 Step Out, Macao マカオ観光局公式アプリ。世界遺産周辺などおすすめウォーキングコースを8つも紹介。日本語表示可能、オフラインでもつかえます。なにより秀逸なのは、無線LANスポットとトイレの場所が表示されること。無料。


以上の情報は、いち旅行者による個人的見解が含まれています。不正確な点がありましたらぜひメールにておしらせください。公式Twitterへのコメントも大歓迎いたします。

「役に立った」「おもしろかった」と思ったら、「いいね/リツイート」してくださると松崎はたいへんうれしいです。

【関連記事】
ポルトガルを旅行してわかった、ググっても出てこないこと

できるだけ本場の味にちかいパステル・デ・ナタを東京で食べる

ポルトガルに行かなくてもボラ・デ・ベルリンを食べられるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本ですよ。

『5まで数える』カバー

出版社 筑摩書房
発売日 2017/6/8
単行本、四六判 264ページ
定価 1600円(税別)
装丁 アルビレオ
カバー 上田よう

●六冊目の単行本にして初のホラー短編集となりました。多様な舞台、いろんなテイストのお話が詰まっております。短編アンソロジーの好きな方におすすめです。電子版もあります(kindle楽天kobo、iBooks Store、紀伊国屋、hontoなど)。各種端末対応。ちょっと安くて1400円(税別)です。
もくじと作品概要
1、「たとえわれ命死ぬとも」動物実験が禁止されているので、自分の身体で実験するしかないんです ★冒頭試し読み
2、「やつはアル・クシガイだ――疑似科学バスターズ」ゾンビは一体も出てきません ★全文試し読み
3、「バスターズ・ライジング」科学者+奇術師=疑似科学バスターズ。その発足エピソードと、ドーナツ少々 ★冒頭試し読み
4、「砂漠」手錠でつなぎあわされた7人の凶悪少年犯罪者たちが飛行機事故で砂漠に放り出される ★冒頭試し読み
5、「5まで数える」失算症の少年、数学者の幽霊に出会う。モデルとなった数学者は表紙に浮いてます ★冒頭試し読み
6、「超耐水性日焼け止め開発の顛末」研究者二重オチのショートショート
●内容について、くわしくは筑摩書房内特設ページ、および当サイト内特設ページをごらんください。
「本よみうり堂」で朝井リョウさんによる書評が読めます。

松崎有理のほかの著作については、作品一覧ページをごらんください。

更新のお知らせもいたします。